新築10年でのリフォームはある!

新築一戸建て住宅ならば、20年はリフォームする必要がないと思い込んでいる人もいるでしょう。けれども、家は毎日劣化していくものですし、とくに器械関係の消耗は意外な程に早いものだったりしますからね。
私も横浜に住んで20年近くたちますが、お風呂や洗面台などのリフォームした箇所は少なくないです。

たとえば、お風呂のお湯やキッチンで使用するお湯をわかしてくれる給湯器ですけれど、10年経過したぐらいで調子が悪くなったりもするのですよね。実際に私の知り合いのお宅での話なのですが、突然お湯が出なくなったことで、給湯器の故障がわかったそうです。まあ当たり前と言えば、当たり前のことなのですが。

給湯器は突然故障することもあるそうなのですよね。しかし、給湯器がなければお風呂にお湯をはることも苦労しますので、直すしかないわけです。ですからボーナス払いで給湯器を交換したわけですが、「どうせリフォームするのなら一緒に」と同時に浴室のリフォームも行いました。とは言え全部取り替えたわけではなく、浴槽とシャワーの交換です。

このように、ひとつの故障がきっかけで、いくつかの場所をリフォームすることもよくある話で、そして新築10年しか経っていないとはいえ、リフォーム工事の必要が発生することもあるのですよね。ですから備えてお金は貯めておかないと…。