リフォームの時期はいつ?新築から何年後?

念願のマイホームを購入して住宅ローンを組み毎月返済をされている方は多いと思いますが、お察しの通り住宅ローンとは長い長い付き合いになります。繰上返済をすれば当初に契約したローンの年数から期間を短縮したりすることは可能ですが、それにはまずまとまったお金が必要です。そんな時に住宅のリフォームをしなければいけなくなったら?住宅ローンを返済中にリフォームをするということはダブルでお金がかかるということなのです。

一般的にリフォームの目安は新築から10年、20年、30年と10年区切りで考えていく必要があるでしょう。その他突発的に壊れたり早急になおさなければいけない個所が出てくることを想定して、住宅ローンの支払い額とは別に100万円ほど突発的な予備費用を貯めておく必要があります。

10年目では屋根の塗装や外壁の修理、給湯器の交換などが一般的に目安になります。20年になるとトイレ、洗面所、風呂場のリフォームや壁紙や床の張り替えなどを考えなくてはならない時期になってきます。30年になるとさらに大規模なリフォームが必要になる場合があるでしょう。住宅は建てて終わりではなく、常に修繕しながら共に生きていくものなのです。