フローリングの張替えリフォームをするか悩む

もう、人生も後半戦に差し掛かっている年齢の今、わが家のフローリングの張替えリフォームをするか悩みます。だって、おそらく定年退職をしてから数年後ぐらいには、もっと都心の方でマンション暮らしをするでしょうから。

ですから今の家には、住んでもあと15年ぐらいだと思うのですよね。ですから、そこで家の床をリフォームするのがいいのかどうか、結構悩んでいるのです。

請け負っている建設会社によると、一階のフロアー(廊下を除く)すべてのフローリングを張替えて、大体50万円ぐらいの見積もりです。ですから、金額的には出せないこともないのですよね。

けれども、あと10年前後住むかどうかの家の床をリフォームするのは良いのかどうかと悩みます。今現在は絨毯を敷いて使っていますので、床の傷みは気にならないと言えば気になることはありませんから。まあもともと、床の傷みが気になったので絨毯を3部屋に敷いたのですが。

直そうかどうか、それとも現状維持でやり過ごすか、ここに来て悩みます。他の部分のリフォームがメインなのですが、どうせならば一緒に行う方が良いですからね。けれども答えは未だに出ず…で。