早い住宅ローンがメリット多い

毎月、家賃を払う位であれば、毎月住宅ローンを払い、最終的にはローンが終わった方が生活に良いのではないかと考え、住宅ローンで住宅を作る決心が出来ました。

一番重視したのは、子ども達が大人になる前に、自分達夫婦が定年する前に住宅ローンを払い終わるという事。

例えば、30歳で持ち家が出来た場合、20年を掛けてローンを返す事が出来ますし、子どもにローンを受け渡す訳にもいかないですし、年金がもらえるかどうかわからないこのご時世に60歳を過ぎてからローンを払う事なんて絶対に出来ません。

そう考えると、住宅ローンを組んで家を立てるなら、定着した仕事に就いて生涯勤められる場所があるのであれば、早いに早い程越した事はありません。

ただお金を返して行くだけでは無くて、どうしてもお家はガタが来てしまうので、ローン以外にも他にもお金がかかって行きますし、そのお金が高かったりします。

またいくつかの住宅ローン会社を今から数年後まで確認しておき、現在の金利よりも下がって低金利になった場合、住宅ローンを借り換えるべきか否かを相談できるといいですね。

早めの住宅ローンを計画して、早めに返して悠々と過ごしたいですね。